×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>>M65 ジャケットはこちら

M-65の人気ブランド

有名なタレントや映画俳優、ミュージシャンなどに愛用者も多いM-65フィールドジャケット。M-65ジャケットには色々なブランドがあります。有名なものでは、アルファ(alpha)、johnbull、ライナー、rothco、ツアーad、avirex、アスペジ、sisii、precision、sly、dell、ネイバーフッド、リアルマッコイズ、ポールスミスなどがあります。中でも映画「タクシードライバー」でロバートデニーロが着用したことでも有名なタンカーズや、リアルマッコイズのM-65フィールドジャケットセカンドモデルは復刻モデルが販売されるほどの人気です。m65というとメンズを思い浮かべやすいですがレディースも多く、メンズレディース問わず若者を中心に着こなされています。一方でノーブランドのM-65も多く存在しており、本物のM65よりも素材が丈夫でなく破れ易かったり汚れやすいなどの難点があります。また中国などアジアで生産された偽物も多いようなので、あまりオークションなどを利用せず有名なミリタリーショップなど正規販売店で購入した方がよいです。

M-65の着こなし

m-65ジャケットは割と色々なものに合わせやすいですが、ジャケットが大きめの場合はパンツとのバランスが大切になります。m65ジャケットと一番あわせやすいのがジーンズです。カーゴパンツやチノパンと合わすこともできますが、ダボッたくみえてしまうこともあるので注意が必要です。m-65ジャケットやパンツはジャストサイズのものを着用するとスマートに見えてかっこいいです。おすすめのコーディネイトは、M-65ジャケットの中にパーカーを着てフードを外に出すちょっとスポーティーな印象な着こなしです。合わせるジーパンはノンウォッシュよりウォッシュで色落ちしていてダメージ加工はあまりされていないジーンズのほうがM-65ジャケットと相性がいです。靴に関しては、スニーカー、シューズ、革靴、ブーツとも相性がいですが、ロングブーツはいかにもっぽいことから、あまり好まれていない組み合わせです。パーカーとスニーカーなどM-65とスポーツファッションは意外と相性もよいです。ブーツを組み合わせる場合はショートブーツのほうがかっこいいです。

>>M65 ジャケットはこちら

M-65の歴史と特徴

正式な呼び名としてのM-65フィールドジャケットは、戦闘服としてアメリカ軍に愛用されてきた野外用の作業ジャケットでもあります。アメリカ軍に1965年から正式に採用され、一般にM-65ジャケットとして知られるようになる。またジャケットというよりは、防寒コートとしての位置づけにもなっているようです。M-65のデザインは、M-43とM-51ジャケットの一部を継承しているとも言われています。そして、アメリカ軍以外にも、日本の自衛隊、NATOなどでも外見的に、素材なども類似しているところも多く、M-65ジャケットの品質や機能性デザインが非常に高品質なことを表しています。デザイン的な特徴としては、迷彩にもトラ柄、ウッド柄、デザート柄などがあり、軍隊や部隊によっては黒や紺のデザインも採用されています。M-65の難点としては、雨天に弱いことが挙げられます。ジャケットの外にポンチョなどを羽織る必要もあり、通気性の悪いジャケットなので大変蒸れてしまうようです。近年ではゴアテックスなど用いられたM-65なども採用されているようです。

Copyright © 2009 M-65ジャケット

デート